【門前仲町】「炭火焼肉 ホルモン 丹田 門前仲町店」でかごんま盛りを食べた件

焼肉丹田 アーカイブ

「炭火焼肉 ホルモン 丹田 門前仲町店」の錦江ファーム直送肉を食べよう!

さい乙(さいとうよしかず)は、焼肉が大好きである。
脂っこいものばかり食べると危険みたいに言う人もいるが、ソースもシンプルだし、揚げ物を食べるよりマシなので、個人的には「ヘルシーメニュー」扱い。
ということで、今回は年末に食べた「炭火焼肉 ホルモン 丹田 門前仲町店」を紹介しよう。

「炭火焼肉 ホルモン 丹田 門前仲町店」のウリは直送肉

門前仲町エリアは、不思議と焼肉屋が多く集まる場所だが、当たり外れが大きい。
そこで、個人的には「安くてそこそこウマイ店」と「高いけどいい肉」のお店のどちらにするかが、選択肢となっている。
この丹田は、高いけどいい肉のお店で、錦江ファームというところから肉を直送している。
そのため、「ユッケ」なんかも食べられる(滅菌パックに入った状態で出てくるけど)。

今回は、さい乙の定番コースを見て参考にしてもらおうかなぁ……というのが趣旨。

わさびアボカド

わさびアボカド

アボカドに、わさび入りマユネーズをかけ、その上から韓国のりを載せたのがこの料理。
たいした量はないのに500円くらいするのだが、自宅でも作って食べたくなるほどの味。
アボカド+わさび入りマユネーズはフツーだけど、韓国のりが効いている気がします。

鳥刺し盛り合わせ

ユッケが食べられるのは嬉しいけど、ちょっと食べて1200円はいただけない。
そこで、オススメなのが、この鳥刺しの盛り合わせ。
新鮮な鶏肉を生でいただくのは、この上ない幸せである。
しかも、醤油が九州風の甘いタイプなので、醤油の味に肉の旨みが消されることもない。
ニンニク醤油で食べると、元気が出てきますよ。

かごんま盛り

肉料理で注文してほしいのが、その日に入ったいい肉を盛り合わせた「かごんま盛り」。
凄く嬉しいのが、人数に合わせて注文できるので、たとえば5人前を頼めば、1種につきひとり1枚付いてくる感じ。
普通の焼肉は、肉の枚数が人数よりも多かったり少なかったりしてバトルのきっかけになりかねないけど、この盛り合わせならそんなことはない。
写真は、3人前ですが、そこそこ量あるよね。

厚切りレバー

厚切りレバー

丹田にきたら食べたいのが、この「厚切りレバー」。
日によっては品切れになるので、入店したらナル早で頼もう。
「ちゃんと焼いてくださいね」と念押しされるので、むしろ焼かないで食えそうな気がするが、このレバーは焼いても柔らかいままなので、ちゃんと焼いて食べよう。

サーロイン

サーロイン

通常メニュー以外にも、その日のオススメなどがあり、この日は「サーロイン」がイチオシだった。
さっと炙って脂を溶かし、すりおろしたばかりのわさびでいただく。
これは、極上の味っすね。

ゲタカルビ(たぶん)

カルビ

塊肉のメニューが多いのも、丹田の特徴。
このカルビ系(ゲタカルビかなぁ)のお肉も塊で登場し、焼きながらはさみで切って食べました。
ちょxsつと、脂が強めだったけど、あまーぃ脂身なので全然OK。

ねぎたまライス

ねぎたまライス

さい乙はあまり食べないのだけど、この店は通常のライス以外に、焼肉のタレと生卵とネギをかけた「ねぎたまライス」というまかない飯っぽいメニューがある。
これが、意外とハマる人も多いので、好きな人はぜひ!
さい乙は、だいたい「石焼きビビンバ」派なので、食べられるときしか食べませんが(笑)

総評:そこそこお値段は張る

丹田は、安いメニューもあるのでリーズナブルに食べることもできなくはない。
しかし、店がイチオシしている肉を注文していると、1人5000円くらい支払うイメージがある。
なので「お金があるから美味しいお肉を!」という時には、ぜひどうぞ!なお店です。