11月3日の「面白同人バザール8」でNERF同人誌を売る件

ナーフ本表紙 ナーフ(NERF)

ハズプロが発売するトイガン「NERF(ナーフ)」を流行らせたい!

さい乙・STYLEでPUSHしているNERFは、スポンジ製の弾を撃ち出すトイガンです。最近は、所ジョージさんなども、様々な場でナーフをPUSHしてくれているので、ブーム到来の兆しはあるような気がします。
しかし、その魅力とは裏腹な威力の弱さや、日本に上陸するラインアップの少なさから、あまり面白さが伝わっているとはいいがたいです。
そこで、本ブログでも「休日に遊んでほしいからナーフの面白さを伝えてみる件」「ガチ勢にも遊んでほしいからナーフカスタムを紹介してみる件」で、ナーフの魅力を紹介したものの、それほど反応はありませんでした。
そこで、このままでは「ブーム到来の兆し」で終わってしまうかもしれないと考え、マニアックな人が集まる「面白同人バザール」でナーフの同人誌を作る計画を立てたのです。
今回のさい乙・STYLEでは、私の作った「軟撃GUNS magazine」について、ご紹介しましょう。

「軟撃GUNS magazine」のタイトルと表紙

タイトルは「ナーフ天国」とか「ナーフミュージアム」とか、いろいろ迷ったのですが、突如「電撃」が走って閃いたのがこのタイトルです。
もしかすると、昔の上司から「オイ!」とか言われそうな気もしなくもないですが、ちょっと面白いタイトルになったと思います。
ロゴは知人にデザインラフを描いて制作依頼し、アップしたものを調整しています。
特に「i」にRIVALとMEGAの弾に変えたのが、自分的に大満足ですね。

表紙のデザインは、最初ブラスター単品を切り抜きしていたのですが、雑誌っぽい感じを出すためのアドバイスをいただき、今の背景画像に変更しました。
この背景画像では、所有している「マーベリック」を並べているのですが、クリア版の緑がないのがちょっと残念です。
しかし、全体敵に予想以上の仕上がりになったかと思っています。あまり自画自賛しないのですが、今回はマジです(笑)

「軟撃GUNS magazine」のコンセプトと台割

メイン画像

「軟撃GUNS magazine」は、基本的に「ナーフを知らない人」あるいは、「知っているけどショボそうだからと興味を持てない人」「撃ってみたけどイマイチだった人」などに向けて、「本当は強力である」ことや、面白いブラスターがあることをカタログ式に紹介しています。
カタログ式とはいえ、さい乙の個人的なレビューを加えていますので、実際に購入するときの参考になるかとおもいます。
ですので、ベテラン勢には物足りない部分もあるかもしれませんが、号数を重ねて、できるだけ現存ブラスターの種類を補完していきたいと思っています。また、各号には記事やコラムなども入れております。
まずは、今回販売する「Vol.1」と「Vol.2」の台割を掲載しておきましょう。これを見れば、どのブラスターが掲載されているのかがわかります。

「軟撃GUNS magazine Vol.1」台割

  • ナーフの基礎知識
  • 特集「知られざるナーフの魅力」
  • 初期の名声を高めた名ブラスター
    ・マーベリック(N ストライク)
    ・ロングストライク(N ストライク)
    ・リーコン(N ストライク)
    ・アルファトルーパー(N ストライク)
  • 今買っておくべきナーフ
    ・ハンマーショット(ゾンビストライク)
    ・ストライフ(N ストライクエリート)
    ・ラフカット(N ストライクエリート)
    ・インフィニス(N ストライクエリート)
  • 実銃的な「ギミック」が楽しい
    ・バレルブレイク(N ストライク)
    ・スレッジファイア(ゾンビストライク)
    ・スリングファイア(ゾンビストライク)
    ・バルカン(N ストライク)
  • なぜ作った「バカ」ナーフ
    ・ヘルファイア(N ストライクエリート)
    ・ドゥーミネーター(ゾンビストライク)
    ・ジャッジ(DOOMLANDS2169)
    ・ネイルバイター(ゾンビストライク)
  • 「狙い撃つぜ!」ライフル型ナーフ
    ・ロングショット(N ストライクエリート)
    ・ラプターストライク(アキュストライク)
    「ナーフの使い方」
  • コラム:ナーフのカラーバリエーション

「軟撃GUNS magazine Vol.2」台割

  • カスタムナーフの世界
  • 特集:今度はMEGA ナーフだ!
  • 小型でも強力なMEGA ナーフ
    ・サイクロンショック(MEGA)
    ・マグナス(MEGA)
    ・ビッグショック(MEGA)
    ・ホットショック(MEGA)
    ・トライブレイク(MEGA)
    ・デュアルストライク(N ストライクE)
  • 見た目も戦闘力抜群なMEGA ナーフ
    ・ダブルブリーチ(MEGA)
    ・ロトフューリー(MEGA)
    ・ツインショック(MEGA)
    ・センチュリオン(MEGA)
    ・メガロドン(MEGA)
    ・メガ マストドン(MEGA)
  • 射手必見の弓型MEGA ナーフ
    ・ライトニングボゥ(MEGA)
    ・メガ サンダーボゥ(MEGA)
  • アキュストやコラボ版のMEGA ナーフ
    ・ブルドッグ(アキュストライク)
    ・サンダーホーク(アキュストライク)
    ・TS(フォートナイト)
    ・HC-E(フォートナイト)
  • パワーが未知数な新ナーフ
    ・ONE(ULTRA)
  • コラム:ナーフのコッキング方式

「軟撃GUNS magazine」のメインページサンプル

Twitterでリクエストされた……わけでもないのですが、せっかくなので本誌のページを丸っと公開します。
結構反響があったのですが、これを読んだ結果、「この内容ならいらない」と言われないといいなぁ。

「軟撃GUNS magazine」の今後の予定

今回の頒布した結果……にもよりますが、台割だけならすでにVol.7までできています。
イメージとしては毎回2号同時発売で、奇数号がノーマルダーツ、偶数号がほかのもの……という流れの予定です。
頒布タイミングとしては、次回は2月くらいのコミティアに出せればいいかなーと思いますが、今回あまり手にしてくれる人がいない場合、2号で休刊となるかもしれません(苦笑)
掲載用と称してブラスターを収集するのも大変ですし、執筆や撮影、DTP作業も時間を取られます。さらに数万かけて印刷ですので、同人業界ってのは因果だなぁと感じました。
でも、実際作ってみると楽しいんですけどね!

ちなみに「Vol.3」では、こんなラインアップの予定です。

  • 一粒で二度美味しいオプションてんこもり最終決戦仕様
  • 「マシンガン」でヒャッハー!したいナーフ
  • シリンダータイプの大型ナーフ
  • 変形を楽しむナーフ(なぜ作った「バカ」ナーフ2)
  • ナーフで面制圧を試みろ!

お楽しみに!