NERF入門:休日に遊んでほしいからナーフの面白さを伝えてみる件

NERF アーカイブ

ハズブロ社が発売するトイガン「NERF(ナーフ」の面白さとは?

今回のさい乙・STYLEでは、ハズブロ社が発売する「NERF(ナーフ)」というトイガンの魅力を紹介します!
NERFとは、主にスポンジ製の弾を撃ち出すトイガンで、その手軽さから子供から大人まで楽しめる商品。

これまでタカラトミー社が日本国内の販売代理店でしたが2017年で撤退し、現在では発売元の日本支社ハズプロジャパンが直接販売することになりました。
結果として、新製品がきちんと販売されるようになっただけでなく、海外版と同じレベルの威力のまま売られるようになりました。
今後は、既存のファンのみならず、新たにNERFの楽しさに目覚める層が増えると思います。
そこで、今回はNERF入門として、ナーフの魅力やなどを知ってもらおうと思います。

NERFとは

「NERF(ナーフ)」とは、そもそも米ハズブロ社が発売しているオモチャの銃。
呼称は「ブラスター」で、ダーツやリフィルと呼ばれるスポンジ弾を撃ち出して遊びます。
ダーツは、基本的に大人の人差し指くらいのサイズです。
たかたスポンジ弾ではありますが、撃てばかなりスカッとするので、結構ハマるんですよねー。

また、NERFには様々な種類があり、親指以上のサイズを持つ「MEGAダーツ」や、ゴルフボールを二回りくらい小さくした黄色い球体の弾(「RIVAL」シリーズ)などがあります。
ほかにも、円盤状のものや小さな車など打ち出すモデルもあります。

見た目はオモチャでも、それなりにパワーもありますので、ナーフ専用のサバイバルゲームなども楽しめます。
Twitterなどを見ると各地で様々な会が開かれているようなので、興味のある方は参加してみてもいいかも。
でも、参加するなら自己責任になりますので、ご注意くださいね。

NERFの魅力

その1「バリエーションが豊富」

NERF

NERFの魅力としては、ブラスターのバリエーションが豊富なこと。
リボルバーやショットガン、スナイパーライフルなど、様々な種類のブラスターが発売されています。
また、映画やアニメ風なデザインだったり、画像のようにバカみたいなデザインだったり、派手だけと面白いデザインのブラスターが揃っているのがたまりません。

その2「自由なカスタマイズ」

NERF

さらに、そんなブラスターを自由にカスタマイズできるのが最高です。
例えば、バレルやストックなどを交換したり、スコープなどのオプションも装着することで、自分だけのカスタムブラスターが簡単に作れちゃう。
さい乙的には、このカスタム性がNERFならでこその魅力ではないかと思っています!
画像は映画「スターウォーズ」のブラスターに、バナナマガジンを装備したもの。
どうですか?MP5っぽく見えませんか?

いずれにせよ、NERFは1000円台から購入できますので、数を買っても懐に優しいです。
だから、オプションパーツ目当てで買っても大丈夫……と思うのは、普段高いレゴを買っているからもですが(笑)

その3「コラボモデル」

NERF

画像の「デットプール」モデルのように、映画などとタイアップしたコラボモデルも登場します。
今年は、「オーバーオッチ」とのコラボがあるらしいので、期待大!!

NERFの欠点

その1「コッキングが変」

オモチャですので、それなりにショボイところはあります。
特に電動タイプ以外は、ダーツを撃つために「コッキング」しなければ、撃つことができません。
このコッキングが、ショットガンのポンプアクション、ライフルのボルトアクションのように、実銃と同じであれば興ざめしないのですが、リボルバーなのにオートマチックのようにスライドアクションをしてコッキングするのは、ちょっと萎えますね。

まあスライドアクションなら許容範囲だけど、中にはレバーような出っ張りを引っ張って撃つ「ハンドルアクション」を行う商品もあります。
個人的には、これはかなりのガッカリポイントなので、さい乙はこのタイプのブラスターを極力買わないようにしています。
電動ブラスターであれば、このコッキングはいらないのですが、一部の電動ブラスターはモーター音がうるさいので、室内で撃つ場合は要注意です。

その2「海外版の入手が困難」

また、海外版のナーフには、手に入りにくいものがあるのも欠点のひとつです。
米Amazonで日本へ直接発送してくれるのもあるのですが、安い郵送プランで使われている「i-parcel」という会社が酷くて、なぜか郵送中にLOSTされてしまう。
実は、2018年に30万円ぶんくらいのナーフを注文してますが、到着したのは5万円くらいという、日本だったら客から土下座強要されそうなレベルです。

海外版を求める理由は2つあり、現行品であれば「日本未発売」の商品であること、既存製品であれば「オレンジトリガー」であることが挙げられます。
実は冒頭でも「海外版と同じレベルの威力のまま売られる」と書きましたが、これまでタカラトミーが販売していたナーフは、威力を弱体化させたものでした。
その際、トリガーを「グレー」のものを変えたことから、デチューン版を「グレートリガー」、威力の高い海外版トリガーがオリジナルのオレンジのままなので「オレンジトリガー」と呼ぶようになったのです。

その3「買いすぎてしまう」

モデルガンやエアガンと違って、大人であれば気軽に買える価格帯のため、沼に入ると危険。
さい乙も、すでに100丁くらい持っている気がするけど、まだまだ買う気満々です!!

さい乙オススメの初心者が買うべきナーフ

では、実際にはじめてナーフを買うとしたら、何を買ったらいいでしょう。
ここでは、さい乙が選んだ初心者向けにオススメしたいナーフを3丁選んでみましたので、参考にしてください。
なお、セレクトには海外版も入っていますが、入手難易度も問題もあるので「日本Amazonで買いやすいもの」「プレ値になってないもの」から選びました。

ハンドガン「ハンマーショット」

NERF

ハンドガンなら、この「ハンマーショット」がベスト。
コッキングが撃鉄タイプなので、片手打ち可能。
ビジュアルも、映画「ブレードランナー」の「デッカードブラスター」に似ててGOODです。
海外版でも3000円前後と安いので、比較的気軽に手に入ります。
名銃「マーベリック」の流れをくむナーフらしいハンドガンもありますが、オレンジトリガーできっちと威力のあるナーフを体験してください。

アサルトライフル「レギュレイター」

ナーフの魅力に書いた、カスタマイズを楽しむには、この「レギュレーター」がオススメ。
「バレル」「ストック」「スコープ(デザインイマイチだけど)」「ハンドル」「予備マガジン」が付いてくる。
また、電動ガンとしても、「セミオート」「三点バースト」「フルオート」という、オモチャとは思えない充実度。

ただし、後述する「インフィニス」と組み合わせるパーツ取りには「デルタトーパー」のほうがオススメ

※写真は商品画像です。自分のモデルはカスタムしすぎて、元に戻せそうになかったので(苦笑)

マシンガン「インフィニス」

NERF

マシンガンタイプなら、この「インフィニス」が一番。
電動ブラスターであることを利用し、NERF初の自動給弾システム付きだから、弾を込めるのも楽。
マガジンを外さないで給弾できるので、サバイバルゲーム中にもガンガン弾を補給できる。
オリジナルカラーの大型マシンガンのドラムマガジンも嬉しい。

まとめ

今回の「NERF入門」はいかがでしたでしょうか?
NERFの楽しさの一片でも感じ取っていただけたら幸いですが、もっと詳しい内容の同人誌を「さい乙・STYLE」のVol2として頒布予定です。
なお、現行品の買い方としては、家電量販店、トイザらスなどで購入するのが安くて手っ取り早いです。
また、ヤフオクやメルカリには個人輸入された海外版ブラスターが入手できますので、うまくコレクションを増やしてナーフを満喫してくださいね。